これを寝る前に嗅ぐと睡眠の質UP

睡眠

香りの効果

香りによって交感神経から副交感神経へと導きます。

寝る前にリラックスできる香りで副交感神経を優位にすることで、自律神経のバランスを整え、

血流がよくなると言われています。

血流が良くなるとということは、さまざまな不調や疲れが改善していくということです。

効果的な香り

・ラベンダー

・カモミール

・スギ

・ヒノキ

・サンダルウッド(白檀)

それぞれの香りの効果

・ラベンダー、カモミール:鎮静作用。入眠の一助とすることができる。

・スギ、ヒノキ:香気成分であるセロドールは交感神経活動を抑制する作用を有し、就寝前~就寝中の

香気成分の吸入により入眠困難や中途覚醒の改善に有効であることが分かっている。

・サンダルウッド(白檀):気持ちを落ち着かせる。瞑想のときにも使われる。

使用方法

精油(アロマオイル)、お香の使用。

精油は枕元でアロマストーンや電気式のアルマライトにたらし使用する。

お香は寝る前に焚くのもいいが火の心配がない電気香炉がおすすめ。

私は、寝る1時間前から部屋を暗めにしろうそくをつけてリラックス。

お風呂に入る前に電気香炉で沈香や白檀の練香を焚く、上がってくると部屋がいい香りで癒しと

入眠効果もありおすすめ!

その時の気分に合わせてアロマだったり香りを変えて楽しんで眠りに。

まとめ

香りには睡眠の質UP以外にも様々な効果があります。

集中力を高めたり、日々の生活に香りを取り入れるのはとてもおすすめです。

また違う記事で書きたいと思います。

皆さん、好きな香りを寝る前に嗅いで快眠に。

タイトルとURLをコピーしました